statement

Emotions and memories could cross at the wilderness. By going to an unfamiliar place, the memories psychologically hidden in human beings will be brought up unconsciously, and a deep feeling to a place that a person has never seen will be evoked. In other words, a person’ true nature is trying to approach the substance of the natural world.

This explanation that people are approaching nature may sound inappropriate for some; however, nature always surrounds us, and we suppose not forget that humanity is nature.

In nature, there is an existence of life and death, the spirit dwells, and the idea of time flows.

While we are living a life, by moving a bit far from where we are, it brings us unusual feelings to our mind. They could be impressive, sensational or even uneasy feelings. Walking and exploring unknown forests and oceans may bring a primitive sense. I am searching how I can represent this strange feeling whether it can be transformed like the ore by an alchemist, without relying on a specific form.

風景とは、感情と記憶が交差する場所である。特に見知らぬ場所を選んで、旅をすることにより、人間の中の現存する奥深い記憶と無意識的に重なり合い、見たことのない場所への深い思い入れを呼び起こす。それは、自然に近づこうとしている人間の本性がそこにあるからではないかとも考察したりもする。

自然に近づこうとしているという解説は、ある人には適切ではないように聞こえるかもしれない。しかし自然はいつも私たちを取り囲み、人間であることは自然であることなのであることを忘れてはならない。そこには生と死があり、精神が宿り、時間という観念が流れる。

生活していく中で、いつもいる自分自身のいる立場から少し身をはずし別の場所に行くことは、感覚を喚起することでもある。未知なる世界へ足を踏み入れることは、わくわくすることと同時に実は脅威を感じることでもある。

知らない森や海などを歩き、探索することは、より原始の感覚に基づいたものになるのではないか。この見知らぬ感覚をいかに表象へと転換することができるのか、錬金術師のように鉱石からとりだすことができるのか、特定の形や形式を重んじずに、表現できないかと探っている。