statement

Isolation and alienation as themes have intrigued me and are the keywords in fabricating my artworks. In placing the self as the solitary figure in a barren landscape, I re-acknowledged my fate as a human being to work alone, even when performing communication art.

The idea of the allegory of the cave has inspired me. The Greek philosopher Plato presented the theory concerning human perception. It is written as a dialogue in his work for the Republic to compare “the effect of education and the lack of it in our nature”. He claimed that knowledge gained through the senses is no more than opinion and that, to have real experience, we must learn it through philosophical reasoning. Therefore to engage mentally with one’s environment is essential.

I’ve always admired the power of nature. Its experience told me that I should go out and face the phenomena of mother earth, as opposed to human creations. There was such a gap between exploring in an imaginary world and placing oneself in the wild landscape.

I am a painter and performer and interested in its process more than the result. I usually take a cubicle as my canvas anywhere and I start painting by being in any situation, in a park, an art gallery, the crowd, or in the wild.

Because one of my themes is Alienation and Alien as a wordplay, I wear an alien costume, and this squared shaped canvas become like a spaceship for me.
With covering myself in this costume, drawing primarily from the inside like a person who starts painting in a cave. The spirit of the land will invite the painter and quietly walk into the transparent box-shaped spaceship and begin to paint in the sparkling light.

Theory of Colors by Goethe also intrigues me as the nature of the colours and how humans perceive these colours. People tend to understand the hue of a landscape ecologically as green, but in fact, there are more colours of prism, rainbow, shadow and reflections. Among them, the tone of transparency and sparking light is my primary research.

Nowadays outer space is no longer far away. The aliens living in Mars are friends as neighbours next to star borders, not just national borders.

孤独や相入れなさはテーマとして私をいつも魅了してきました。またそれは作品を作る上でのキーワードでもあります。自分自身を荒涼な風景の中においてみて、コミュニケーションアートとしてパフォーマンス的な要素のある作品を作っているにもかかわらず、そこにいるのは制作に向き合うただの1人の人間だと再認識しました。

ギリシャの哲学者プラトンの「洞窟の比喩」の考え方にインスピレーションを受けました。人間の知覚についての理論です。それは彼の著書「Republic」に「教育(παιδεία)の影響とその性質の不足」を比較する対話として書かれています。彼は、感覚を通して得られた知識は見解以上のものではなく、本当の経験をするためには、哲学的な理由を通してそれを得る必要があると唱えました。

私はいつも自然の力に憧れてきました。今回、外の世界に出て経験することにより、
人間の創造物とは対照的な、母なる自然と直面することの意味を認識しました。
架空の世界を探求することと、原始の生の風景の中に自分を置くこととの間に、こんなにも隔たりがあるのかと感じました。

私は絵描きであり、同時にそれはパフォーマンスの要素があります。そして、その過程により強く関心があります。箱状のキャンバスをいろいろな場所に持って行き、その中で描き始めます。そしてそれは、公園、アートギャラリー、群衆、または自然の中などいろいろな状況で行ってきました。

私のテーマの一つは、疎外感や言葉遊びとしてのエイリアンです。エイリアンのような衣装を着用し、箱状のキャンバスは私にとって宇宙船のような感覚です。
エイリアンのような衣装で自分自身を覆うことで、原始の洞窟で絵を描く人のように内側から描きます。その土地の精霊は画家を招き、彼女は透明な箱形の宇宙船の中へ静かに入り、輝く光で描き始めます。

ゲーテの色彩理論や、人間が色の性質をどのように知覚しているか、ということに興味をそそられています。人々は生態学的に景観の色合いを緑として理解することが多いですが、実際には、プリズム、虹、影や反射のような多くの色があります。それらの中でも透明や輝く光の色合いが私の主な研究対象となっています。

今の世の中にとって宇宙はもう遠くない存在です。火星のエイリアンも国境ならぬ、星境の隣人として仲良くしていきたいものです。